この記事を見ているということは、あなたもお子さんの身長が低いことについて悩んでいますよね。

何か良い解決方法はないかと探していると思います。

たぶん、

「なんだかうちの子は、周りの子たちにくらべて身長が低い気がする・・・」

「このまま大人になっても大きくならないのかな・・・」

「私の身長が低いから遺伝してしまったのかな・・・」

「私の子育ての仕方が悪かったのかもしれない・・・」

などと、お子さんの発育状況に不安を感じているでしょう。

悩む親子

また、自分の遺伝や子育ての仕方が原因なんじゃないかと、あなた自身がお子さんに対して申し訳ない気持ちを抱いているかもしれません。

でも、これ以上自分を責める必要はありませんよ。そんなあなたの悩みが解決する情報がすべてここにあります。

子供の身長を伸ばす方法についての知識をすべてまとめました。解決への糸口がきっと見つかりますので、ぜひ最後まで読んでください。

【身長を伸ばす方法:三大要素は必ず意識する】

ビックリマークの子供

あなたは、身長を伸ばすために重要な三大要素を知っていますか?

それは、

「食事」「睡眠」「運動」

の3つです。

基本的なことだと思うかもしれませんが、三大要素は絶対に欠けちゃダメ。今の子供たちはこの3つが不足していることが多いです。

お子さんの身長が低いことに悩んで、何か良い方法はないかと探しているあなた。

まずは、この三大要素である「食事」「睡眠」「運動」の見直しから始めてみてください。

【三大要素には成長ホルモンの分泌を促す力がある】

ジャンプする女の子

では、なぜこの3つが三大要素と言われているのか。それは3つとも共通して、成長ホルモンを活発に分泌する行動だから。

子供がぐんぐんと身長が伸びていくには、成長ホルモンを活発に分泌させるのが重要になります。

成長ホルモンとは、その名の通り「体を成長させるためのホルモン」です。

特に成長段階にある子供たちにとっては、ある意味「成長に必要な栄養の1つ」とも言えるかもしれませんね。

「食事」「睡眠」「運動」の効果によって、体の脳下垂体という器官で成長ホルモンが作られます。

その成長ホルモンが肝臓まで運ばれると、ソマトメジンC(IGF-1)という成分に変化し、その成分が骨や筋肉に作用することで身長を伸ばしていくのです。

【身長を伸ばす方法:三大要素「食事」】

食事中の子供

三大要素のそれぞれについて見ていきましょう。まずは「食事」についてです。

食事による栄養摂取で子供の体は作られていきます。栄養不足や偏りは子供の成長に悪影響です。

お子さんの体が大きく育っていくには、食事からバランス良く栄養をとってください。

その中でも、子供の身長を伸ばすために注目してほしい栄養素があるのでご紹介します。

*子供の身長を伸ばすには「アルギニン」が超重要!

ジャンプする女の子

子供の身長を伸ばすためには必要な栄養素がたくさんあります。

その中でも一番重要視してほしいのが、たんぱく質に含まれているアミノ酸の一部である栄養素「アルギニン」です。

このアルギニンは、子供の成長に欠かせません。なぜ必要なのか。それはアルギニンに成長ホルモンの分泌を促進する作用があるからです。

本来アルギニンは、食事から摂取する必要のない「非必須アミノ酸」というものになります。この非必須アミノ酸は体内で生成されるものなので、食事で補う必要がないんです。

ですが子供の場合は、アルギニンを体内でうまく作れません。そのため、子供はアルギニンを食事から摂取する必要があります。

アルギニンを多く含む食べ物としては、主にたんぱく質が多い食材です。その中でも豚肉や鶏肉、納豆などといった食材がアルギニンを多く含むとされています。

*その他の栄養も大切!栄養バランスの良い食事を意識

バランスの良い食事

主にたんぱく質やカルシウム、炭水化物、ビタミン類、脂質といった栄養素をしっかり摂れる献立が必要です。

たんぱく質は先ほどご紹介したように、筋肉や骨といった体の成長に関わる部分に必要な栄養素です。

子供にとってたんぱく質は、身長が伸びることに大きく関わる栄養素になります。

牛乳を注ぐ

次にカルシウムは、骨を強くする栄養素です。

一般的にカルシウムが身長を伸ばす栄養素だと思われていますが、そうではなく、あくまでも成長した骨を強化していくのがカルシウム本来の役割です。

この2つの栄養素は、子供の身長を伸ばしていくうえで特に意識しておきたい栄養素ですね。

もちろん先ほどの炭水化物やビタミン類、脂質、またはその他の栄養素についても、子供の成長には必要です。

他の栄養素もバランス良くとっておくことで、たんぱく質やカルシウムの効果を高めてくれる栄養素がたくさんありますからね。

必ず意識しておきましょう。

*食べすぎには気をつけて!子供の肥満は身長の伸びに悪影響!

肥満の男性

子供の身長を伸ばすには食事による栄養摂取が必要ですが、食べすぎるのは注意してください。

もしも必要以上に食べすぎてしまって子供が肥満になってしまうと、身長を伸ばすことに悪影響です。

肥満が子供の身長の伸びに悪影響な理由として、

・成長ホルモンが脂肪を分解することに多く使われてしまう

・肥満になると大人の体になるのが早まり、早熟な子供になりやすい

というのが、代表的なものとしてあげられます。

子供のころから肥満体型でいると、低身長のままで成長する可能性が高まります。なるべくお子さんの食べすぎに気を配るようにしていてください。

特に脂っこいものやカロリーが高めのもの、お菓子類などばかり食べるのは厳禁ですよ。

*不足している栄養にはサプリメントを使用するのも1つの手段

プロテイン

ここまで身長を伸ばす方法の食事についてお話してきましたが、毎日バランスの良い献立を作るのは一苦労。

働きながら家事をやっているあなたにとっては、頭を悩ませることだと思います。

なので、無理にバランスの良い献立を作ろうと意識せずに、普段の食事内容に足りていないものを別のもので補ってみるのも1つの方法です。

こんな時に活用してみるといいのが、栄養補助を目的としたサプリメント。不足している栄養素を簡単に補うことができます。

例えば、先ほどご紹介したアルギニンは、子供の身長を伸ばすためにぜひ摂取してほしい栄養素。

でもこのアルギニン、実は食事で補うのもなかなか大変な栄養素なんです。

*主にアルギニンが豊富と言われている食材

・豚肉(100gあたり)→1000~1500mg(1~1.5g)

・鶏肉(100gあたり)→1000~1500mg(1~1.5g)

・納豆(1パックあたり)→470mg(0.47g)

アルギニンの比較食材

アルギニンの1日の摂取目安量は、例えば40~50kgの子供で5~6gとされています。この量を摂取するには、豚肉なら最低でも300~400gは食べないといけない計算になります。

これを毎日となれば準備するあなたも大変ですし、お肉ばかりでお子さんもカロリー過多です。

そんな時のために、食べすぎを気にせず手軽に栄養補助ができるサプリメントが有効なんですね。

まだまだサプリメントに抵抗があると思います。ましてやお子さんにサプリメントなんてと思うかもしれません。

ですが、あくまでも子供の足りていない栄養を補うための、栄養補助食品だと考えてください。お子さんの身長を伸ばすために、手軽に栄養を補いましょう。

<アルギニンが豊富なおすすめサプリメントはこちら!>

【身長を伸ばす方法:三大要素「睡眠」】

横になって眠る男の子

次は「睡眠」についてです。

睡眠中は、成長ホルモンが一番分泌される時とも言われています。昔から言い伝えられている「寝る子は育つ」というのは本当のことだったんですね。

*子供の身長を伸ばすためには深い眠りと時間が重要

睡眠不足は子供でもストレスの原因になります。

ストレスが溜まると成長ホルモンが分泌されにくいとも言われていますので、子供の身長を伸ばすのには悪循環です。

深い眠りの男の子

睡眠で成長ホルモンの分泌を活発にするには、深い眠りに入っておくことが重要。

深い眠りに入るためには、睡眠までの流れと自分に合った寝具を選ぶことが大切です。

しっかりと熟睡できる環境を作りましょう。

また、お子さんにはなるべく長い睡眠時間をとらせてください。

小学生以下なら10時間以上、中学生・高校生には8時間以上は、1日に寝ておく必要があります。

*深い眠りで寝るには日頃からの対策が必要

眠る子供

成長ホルモンを分泌させるために深い眠りで熟睡するには、日頃からの対策が必要になってきます。お子さんを良い睡眠に導いてあげてください。

例えば、

・日中はなるべく外に出て、体を動かしておく

・胃で消化中だと眠りが浅くなるため、夕食は寝る3時間前までには済ましておく

・シャワーで済ませず、しっかり湯船に浸かって体を温める(夏場でも)

・寝る前にスマホやゲームの使用禁止(なるべく1時間ぐらい前にはやめておく)

・子供に合った寝具や睡眠環境で眠らせてあげる

などに気をつけてください。

間接照明の部屋

また、親であるあなたの協力も不可欠。生活習慣を子供中心で考えて行動しましょう。

例えば、

・睡眠時間確保のために、食事の時間は子供に合わせる(親の都合で決めない)

・1人でお風呂に入れない子供と一緒に入るために時間を合わせる

・寝る時間の1時間前には部屋の明かりを間接照明にしておく

などをできる範囲のことから始めてみてください。

【身長を伸ばす方法:三大要素「運動」】

走る女の子

最後は「運動」についてです。

運動中は骨や体に適度な刺激が加わることによって、成長ホルモンが分泌されます。なので、日中はなるべくお外で遊ぶようにしましょう。

時間としては、1日1~2時間ぐらいを目安にするといいです。あんまり長く運動しすぎるのは、子供の体力を考えるとよくありません。

また、日中にしっかり遊んで運動しておくことで、自然とお腹も空いてくるし、眠たくもなってきます。

要するに運動をしておけば、「食事」と「睡眠」を自然な流れでおこなえるんですね。

*子供の身長を伸ばすのに有効な運動方法

ボール遊び

では、どういった運動がいいのか。

運動とはいっても、「スポーツクラブなどに入って本格的に運動してください」というわけではありません。

本格的な運動をしなくても、子供の成長を促すレベルならお外で元気に遊びまわるだけでも十分。

とにかく全身運動を意識して、体を動かすというのが一番大切です。

例えば、

・外ならかけっこ、おにごっこ、ボール遊び、なわとび など

・室内ならくすぐり合ったり抱っこしたりして、親子でのスキンシップが効果的

中学生になれば部活を始める子供たちも増えてきます。スポーツ系の部活に限られますが、部活をしていれば自然と運動をしていることになりますよね。

部活に入っていない子供や運動が苦手だという子供は、散歩がてらウォーキングをしてみるのもいいでしょう。

30分~1時間ぐらい歩けば十分運動になりますし、勉強の合間などにやれば良い気分転換にもなります。

*子供の身長の伸びに悪影響な運動

ダンベル

ダメな運動方法としては、

・関節を痛めてしまうような運動

・体力の限界まで動きまわって疲れすぎてしまう

などの方法です。

関節を痛めてしまうような運動とは、代表的なのは器具を使った筋トレです。

器具を使った筋トレは、未成熟な子供の体にはとても負担がかかり、身長の伸びにも影響してきます。

器具を使った本格的な筋トレは、大人の体としてできあがってからだと考えていてください。

高校生ぐらいになればある程度は問題ないですが、高校生でも思春期が終わっていない子供は要注意です。

また、疲れすぎてしまうのがなぜいけないのか。それは成長ホルモンの働きが、疲労回復のほうにたくさん使われてしまうからです。

適度な運動だったとしても成長ホルモンは疲労回復に使われます。

ですが、体が疲れすぎてしまえばそれだけ疲労回復への比重が多くなるので、身長の伸びに影響してくる可能性は高くなります。

【お子さんの予測身長を計算してみてください】

チェックポイントする女の子

今現在あなたは、お子さんが周りの同年代の子たちより身長が低いんじゃないかと悩んでいると思います。

このまま大人になっても身長が低いままだったらどうしようかと、お子さんの将来の姿にまで悩んでいるかもしれませんね。

そんな時は、一度お子さんの身長が将来どこまで伸びるのかを予測してみましょう。

お父さんとお母さんの身長を基にして、お子さんが将来どれぐらいの身長になるのか計算することができます。

*お子さんの将来の身長を予測する計算式

計測器

<計算式>

男の子の場合 =(お父さんの身長+お母さんの身長+13)÷2

女の子の場合 =(お父さんの身長+お母さんの身長-13)÷2

【身長予測の計算例】

お父さんの身長が168cm、お母さんの身長が153cmで、お子さんが男の子だとします。

これを計算式にあてはめると、

(168cm+153cm+13)÷2 =167cm

男の子の身長は、将来167cmぐらいまでは伸びることが可能だと予測できました。

*予測身長より伸ばすには生活環境が重要

家族写真

ただしこの予測した数字は、あくまでも平均的に育った場合の身長。

この計算結果の身長を基準として考え、生活環境などの影響によって男の子なら±9cm、女の子なら±8cmほど身長の伸びに差が出てきます。

「±」ということは男の子の場合だと、予測した身長より最大で9cmまでプラスになる場合もあれば、逆に9cmもマイナスになる可能性があります。

親としては、できれば予測結果の数字までは身長が伸びてほしいはず。マイナスになんてなってほしくないですよね。

まずは、本来伸びなくてはいけない、あなたのお子さんの予測身長まで伸ばしてあげることが大切。

仮に予測身長が170cmだった子供で、本当はそこまで伸びる可能性があったはずなのに、実際は大人になっても165cmまでしか伸びなかった人もいます。

では、なぜそうなってしまったのか。

それは、「子供の身長を伸ばすための生活環境が整っていなかった」こと。そして、「それについて何も対策ができてなかった」ことが原因です。

【身長が伸びないのは骨端線が閉じているからかも】

子供の身長にはこれ以上伸びるのか、もう身長が止まってしまうのかを判断できる方法があります。

それは「骨端線(こったんせん)」というものが閉じているかどうかです。

骨端線というのは、子供には骨端軟骨という子供にしか存在しない軟骨があります。子供はこの骨端軟骨が成長して伸びることによって身長が伸びていきます。

骨端線

普通の骨よりも薄くて柔らかい骨端軟骨はレントゲンで撮影すると、透明のようになっていてほぼ写りません。

それが骨と骨との間で線のように見えるため、その部分を骨端線と呼んでいます。

骨端線が閉じるというのは、この線が消えることを言います。要するに、骨端軟骨が成長し終わって、大人の骨になってしまったということです。

こうなってしまうと、身長がこれ以上伸びる可能性がほぼ無くなります。骨端線が閉じることは、身長が止まってしまったかどうかの1つの目安です。

骨端線が閉じるとされる年齢としては、

・男の子が17歳~18歳

・女の子が15歳~16歳

ぐらいだと一般的には言われています。

この年齢はあくまでも目安です。この年齢よりも遅く骨端線が閉じる場合もありますし、逆にもっと早い年齢で閉じてしまう場合もあります。

もしあなたのお子さんの骨端線が閉じているか確認したい時は、病院でレントゲンを撮影してもらえます。

ただし、すべての病院が受け付けてくれるわけではないので、まずは最寄りの病院に連絡してみてください。

【身長と遺伝の関わりについて】

家族集合写真

自身の身長が低くて「自分の遺伝がわが子に影響しているのかも」と、あなたも悩んでいるかもしれません。

実際のところ、身長に関する親から子供への影響はどれくらいなのでしょうか。

様々な見解があるようなのですが、よく言われているのは「身長に関する親から子供への遺伝は20%ほどしかない」という意見です。

子供の身長を伸ばしていくには日頃の生活環境のほうが重要です。ただし、遺伝が全く無いということではありません。

先ほど予測身長を計算するところでも言いましたが、両親の身長を計算することでお子さんの身長はある程度予測できます。

その予測した身長が、ある意味親から子供への遺伝と言えますよね。

その遺伝の部分に対して、±◯cmになるところが生活環境による影響になるということでしょう。

なので子供の身長を伸ばすには、遺伝の影響も生活環境もどちらも気にしておく必要があります。

【あまりにも成長が遅いと感じた時は病院へ行くことも検討する】

悩む子供

身長を伸ばすための三大要素もある程度守れているし、身長が伸びるのに悪影響なことはしていないはず・・・。

それでも「やっぱりうちの子は周りの子供に比べて低い気がする」と悩んでいるあなた。

単純に成長が遅れているだけかもしれませんが、もしかすると子供の身長に関する病気という可能性も出てきます。

主に、

・成長ホルモン分泌不全性低身長症(低身長症)

・ターナー症候群

・プラダーウィリー症候群

・SGA性低身長症

などの病気が、子供の身長の伸びに影響しているかもしれません。

*まずは必ず病院へ行くこと

「もしかしたら、うちの子も病気なのかもしれない」と感じたら、まずは近所の小児科などに行って、お医者さんに相談してみてください。

もしも低身長症などの病気だったとしたら、生活環境の改善だけではどうにもできません。病気だとしたら早めの対策が必要です。

何が原因なのかを判別させるためにも、少しでも「病気の疑いがあるかも」と思ったら、まずは病院へ行ってみましょう。

*成長曲線を書いて子供が低身長なのかをチェック!

では、どれくらいの身長だと低身長症などの病気の可能性があるのでしょうか。目安となる数字を確認する方法があります。

それは、お子さんが生まれてから成長するまでの「成長曲線」を書いておくこと。成長曲線とは一体なんなのでしょうか

成長曲線とは、子供が生まれた時から各年齢ごとの身長の平均値を、グラフのように線で結んだものです。

この平均値をもとに順調に身長が伸びているかどうかを、-2SD、-1SD、+1SD、+2SDという値で比較しています。

これらの値は、例えば-2SDというのは同学年の子供たちが100人いたとして、それを身長が低い順に並んだ時に前から2~3人目のことです。

実際にあなたのお子さんの成長曲線を描いた時に、平均値もしくは+1SD、+2SDの曲線に沿っていれば基本的に問題はありません。

ですが、-2SDと-1SDだとちょっと心配。成長が遅れているだけの可能性もありますが、低身長症などの疑いもあります。

お子さんが生まれてから誕生日を迎えるごとに、その時の身長を成長曲線として記録しておきましょう。

そして、まずは小学生になるころにマイナスの曲線に近い場合は、低身長の可能性を考え、一度病院へ行くことを検討してみてください。

下の表は、男女の成長曲線になります。こちらを基準にあなたのお子さんの成長曲線を記録してください。

男女の成長曲線

*低身長症などでおこなう治療方法とは

病気であると診断された場合は、病院にて治療をおこないます。成長ホルモンを注射する治療方法などがメインになるようです。

ただし治療とは言っても、実際に注射するの子供本人もしくはその両親です。低身長症などでおこなう成長ホルモン注射は、基本的に自己注射による治療となります。

成長ホルモン注射の注射器

子供でも簡単に注入できるように、ペン型タイプの注射器になっています。注射針もとても短くて細いため、小さなお子さんでも安心です。

本来は子供自身で注射できますが、自分では打てない小さなお子さんや打つのが怖いお子さんなどには、ご家族(ご両親)の誰かが注射してあげてください。

【まとめ:身長を伸ばすには毎日の積み重ねが大切!】

女の子_02

ここまで読んでいただきありがとうございます。お子さんの身長の悩みを解決することができたのではと思います。

記事を読んでわかったと思いますが、子供の身長を伸ばす方法って「食事」「睡眠」「運動」と、重要な部分は結構当り前のことでしたよね。

でも、その当り前のことを「正しく当り前」にやろうとするのはとても大変。それは実際に子育てをしているあなたにとって、身に染みている現実でしょう。

あえて言わせてもらうと、子供の身長を伸ばすのはそんなに簡単なことじゃないですし、すぐに身長を伸ばせる方法なんていうのも存在しません。

人間の体はそんなに単純じゃないです。何かを食べたから、何かをおこなったから、すぐに体に変化が出るなんてことはありません。

もちろん今回の方法をちゃんとやって身長が伸びる子もいれば、伸びない子もいます。しかし、伸びる可能性を高めることは間違いなくできます。

ハグする女の子

身長を伸ばす可能性を上げていくには、三大要素である「食事」「睡眠」「運動」を意識した日々の積み重ねが大切。

今すぐにでもお子さんの身長を伸ばしたいと、あなたも願っていることでしょう。でも、焦りは禁物です。

お子さんのために焦りたい気持ちはわかりますが、焦ってもすぐに身長は伸びません。まずはお子さんのために、日々の生活改善から始めてください。

そんな時のお助けアイテムとして、栄養補助ができるサプリメントを使ってみるのもいいでしょう。とにかくできることから始めてくださいね。

ただ身長が伸びるのを待っているだけじゃダメ。子供の成長を促したいなら自分から行動することが大切。

行動せずに後悔するなら、行動してから後悔したほうがマシですよね。きっとあなたの行動が、お子さんの助けになるはずですよ。

<お子さんの身長を伸ばすサポートサプリメントはこちら!>