子供の低身長に悩んでいるあなたも、昔からこんな話を聞いたことがありませんか?それは、「筋トレをする(筋肉がつく)と、身長が伸びなくなってしまう」という話です。

身長を伸ばすことに関して調べた時に、必ず耳にする噂ではないでしょうか。その噂が気になってしまい、筋肉がついてしまうからと、あなたも成長期のお子さんにトレーニングをさせないでいるかもしれませんね。

実際には、”筋トレをしても、筋肉をつけても、子供の身長は伸びます”。ですが、子供の体に負荷がかかりすぎてしまうような筋トレの、やりすぎには注意してください。

今回は、そんな「身長と筋トレ」の関係性について、ご紹介していきます。

*筋トレをすると身長が伸びないって本当?

この疑問の答えとしては、「筋トレをしても身長はちゃんと伸びていきます」です。

あなたも筋トレという言葉なので、きつくて大掛かりなトレーニングマシーンを使って、ムキムキのマッチョになるようなことを想像してしまうと思います。でも、それだけが筋トレではありません。

子供の場合は筋トレというよりも、「成長に必要な筋肉をつけていく」というふうに考えたほうがいいかもしれません。無駄にたくさんの筋肉をつけてくださいというわけではないのです。

筋トレをしたから身長が伸びなくなるというわけではありません。また、筋トレ以外の方法であっても、筋肉をつけたから身長が伸びなくなるというわけでもないです。

まったく無いとは言えませんが、身長が伸びることにおいて筋トレという行為は、伸びなくなる直接的な原因になりません。

*筋トレをしても身長は伸びる

本来身長が伸びる時に、体の中で重要となってくる部分は「骨」になります。骨が伸びる(成長する)ことによって身長が伸びていき、それとともに体も成長していくのです。

特に子供の身長が伸びる時は、骨の骨端線と呼ばれる部分が伸びることで、身長が伸びていきます。そのため、筋トレをして筋肉を鍛えたからといって、身長が伸びないという直接的な原因にはなりません。

また、身長を伸ばすには、栄養や生活習慣のバランスもとても重要になってきます。そういう意味でも、やはり筋トレだけが原因とはいえないのです。

そもそも、子供でも大人でも、自分の体に筋肉がつくことは、なにも悪いことではありません。むしろ当り前のことですし、筋肉がつかないほうが体の成長において悪い方向に向かうでしょう。

それに、実は筋トレをすることによって、意外にも子供の身長に対する良い効果があります。身長を伸ばすことや子供の成長において、むしろ筋トレはやっておいたほうがいいことなのです。

*筋トレをすると成長ホルモンが分泌されやすくなる

筋トレをすることによる、子供の身長に対する良い効果とは、「筋トレをすることによって、成長ホルモンが分泌されやすくなる」ということです。

成長ホルモンは、子供の成長において必ず必要となってくる要素です。当然身長を伸ばすことにも重要となります。

この成長ホルモンが活発に分泌されるのが、主に睡眠中だと言われていますが、筋トレを含む運動(体を動かす)によっても活発に分泌されます。

また、運動などで体を動かすことによって、骨に対して適度な刺激を与えてあげるというのも、身長を伸ばしていくのに良いことなんだそうですよ。

このように、筋トレを含む体を動かして運動するという行為は、成長ホルモンが活発に分泌されるため、子供の身長を伸ばしてくれる可能性が高まります。

*ただし、筋トレのやり方には注意が必要です

筋トレによって成長ホルモンが分泌されることによって、子供の身長が伸びる可能性が高いとご紹介しました。

ですが、激しい筋トレは関節を痛めて身長の伸びに影響する恐れもあるため、成長期の子供は注意してください。

また、筋トレのやりかたも重要で、ジムなどでおこなうような器具を用いた筋トレは、負荷がかかり過ぎてしまうのでやめておきましょう。

器具を用いた筋トレをすることで、硬い筋肉がついてしまったり、成長の妨げとなる無駄な筋肉がついたりしてしまいます。

筋トレとは言っても、ゴリゴリでムキムキのマッチョな体型になる必要はありません。あくまでも、子供の成長にとって必要最低限の筋肉をつければいいだけです。

子供のうちは硬くて太い筋肉をつけるのではなく、柔軟性のある筋肉をつけましょう。なるべく腕立て伏せや腹筋運動などの器具を使わない筋トレで、負荷をかけ過ぎないようにおこなってください。

筋トレというやりかたにしなくても、公園やグランドなどで運動をしたり走り回って遊んだりするだけでも、自然と必要な筋肉はついてきます。

子供が小学生までの間は、むしろちゃんとした筋トレというよりも、このぐらいの運動で筋肉を鍛えてあげるのがベストかもしれませんね。

子供が筋トレをする場合は、体に負荷をかけ過ぎないというのが大切です。

*どんな筋トレ方法がいいの?

負荷がかからない筋トレとは、どんな方法があるのでしょう。

トレーニングマシーンやダンベルなどの器具は使わないほうがいいので、やはりシンプルに腕立て伏せや腹筋運動などがいいでしょう。回数も1日に何百回もやる必要はありません。

自分ができるペースで、「1セット10回を1日に3セットおこなう」などと、決めておくといいですね。

少し本格的にしたい時は、あまり負荷がかからずに、怪我もしずらく、危険性が低いトレーニングアイテムを使用するのもいいかもしれません。

最近流行りのインナーマッスルを鍛えるのによく使われている「ゴムチューブやエクササイズバンド」、座って体感などを鍛えることができる「バランスボール」などを使用した筋トレ方法が効果的でしょう。

また、成長ホルモンが分泌されやすい筋肉というのが、体の中で一番大きな筋肉である「太もも」と言われています。

ということは、下半身を使った運動が効果的になりますので、公園やグランドなどの外で走り回ったり、運動をしたりするといった遊びの延長線上の行動も、子供にとっては十分筋トレの代わりになります。

*なぜ筋トレをすると身長が伸びないと言われていたのか?

筋トレをおこなっても、子供が身長を伸ばしていける可能性はあるとお話して参りました。適度な筋トレは、子供の成長を促してくれます。

それじゃあ、どうして「子供の時期に筋トレをすると身長が伸びなくなる」などという噂話が、一般論的な話になってしまったでのでしょうか。

いろんな原因は考えられますが、「身長と筋トレの関係性について勘違いしている人たちが多い」というのが、主な原因となりそうです。

確かに子供の骨は、骨端線があるうちはまだまだ未熟な骨なので、激しい運動によって、骨そのものや関節を痛めてしまうことがあります。

そういう意味でいうと、筋トレも激しい運動の1つになりますので、そこから「激しい運動はダメ=筋トレもダメ」というイメージが定着したのでしょう。

ですが、骨や関節を痛めたからといって、必ず身長が伸びることに影響してしまうわけでもありません。むしろ筋肉がつかないことのほうが、子供の成長においてよくないことです。

体に負荷がかかりすぎてしまうような行動をとったり、器具を用いた筋トレをしたりしなければ、身長が伸びることに対する影響は、ほとんど無いと言っていいのです

*大人の体に近づいた子供は、身長が止まる可能性が高まる

でも実際には、あなたの子供時代に「体はムキムキのマッチョだけど、身長は低い」って人がいませんでしたか?

そういう子供は昔から身長が低かったわけじゃなく、小学生のころはわりとクラスの中でも身長が高いほうだったけど、中学生になってほとんど身長が伸びていないという場合も多いです。

そう考えると、やっぱり筋トレをして筋肉をつけてしまうと、身長が伸びなくなるのではと思ってしまいますよね。しかし、そうではありません。

こういう子供たちのほとんどが、筋トレをしたから筋肉がついたというわけではありません。その子の体がもうすでに、「大人の体に成長してしまっている」ということなのです。

大人と子供の体では、筋肉の質やつきやすさも変わってきます。当然大人の体のほうが筋肉もつきやすいです。

他の子と同じように外で遊んだり軽い運動をしたりしても、もう大人の体に近づいてきているので、同じ行動をしていても筋肉がつきやすくなってしまいます。

そういう子供は、もうすでに声変わりもしていたり、ヒゲも生えていて体の毛が濃かったりする子供も多いです。

心はまだまだ子供ですが、体に関しては子供の成長期間は終わって、大人の体へと変化している状態です。

もしかすると、本当に筋トレをして筋肉をつけた子供もいるかもしれません。
ですが、こういう子供の多くは、

「筋肉をつけた→身長が止まった」
ではなく
【大人の体に近づいて身長が伸びなくなってしまった
→筋肉が付きやすい体になってしまった】

というのが、正しい考えではないかと思います。

要するに、成長が早熟な子供で、遺伝的にこのぐらいの身長で止まることが決まっていた子供ということです。

しかし、こういう早熟な子供でも、早いうちから食事、運動、睡眠に気をつけて対策をしていれば、止まる予定になっていた身長よりも伸ばしていくことは可能ですので、あきらめる必要はありませんよ。

どちらにしても、身長を伸ばしていくには、早めの対策が必要ということですね。

*補足情報:大人には成長ホルモンを分泌させるための筋トレ方法もあるそうです

これは補足情報となりますが、大人向けの方法として、成長ホルモンを活発に分泌させるための、筋トレ方法もあるんだそうです。

成長ホルモンというのは子供だけのためにあるのではなく、親(大人)であるあなたにとっても重要なものになります。

代表的なものとして、

・スロートレーニング

・加圧トレーニング

などの筋トレ方法があるようです。

成長ホルモンというのは、老化したお肌を再生させたり、体の傷や疲労を回復させてくれる役割があります。

大人にとっても重要な成長ホルモンを、あなたもお子さんと一緒に活発に分泌させてみてはいかがでしょうか。

*まとめ

「筋トレをすると本当に身長が伸びないのか?」という疑問についてお話してきましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

筋トレをしても身長は伸びるんだというのが、わかってもらえたのではないかと思います。

むしろ筋トレは、成長ホルモンを分泌させるために重要な行動です。ただし、ムキムキのマッチョになるような本格的な筋トレをやる必要はなく、やりすぎには注意してください。

あくまでも、子供の成長にとって必要最低限の筋トレをするイメージで大丈夫です。

もちろん身長が伸びること、伸びないことは、筋トレだけが原因になるわけではありません。当然親の遺伝や食事、睡眠、運動などの環境の要素も必要です。

身長を伸ばすための要素の1つに、筋トレを含めてみてはいかがでしょうか。